症状別のご案内

PMS (月経前症候群)/PMDD (月経前不快気分障害)

月経前に 痛みやむくみ、イライラなど 下記のような症状で悩んでいらっしゃいませんか?

 

PMSとは 女性の月経前、黄体期(おうたいき)(排卵後の高温期)にくり返し現れる

気持ちやカラダの不調の症候群のことで、 月経の始まりとともに症状は軽減、または

消失します。

これらの症状は 人によって重い軽いがあり、また多くの女性が経験する症状である事や、月経前のある一定の時期にのみ現れることなどから 疾患としては認識されず、医療機関も受診しないケースがほとんどです。

 

PMDD -月経前症候群-

 

  気持ちの症状として : 憂うつ、怒りやすくなる、イライラする、不安、

                  判断力や集中力の低下、無気力になる 等

 

  カラダの症状として  : 腹部の張りや痛み、乳房の張りや痛み、

                  頭痛、腰痛、むくみ、強い眠気、下痢や便秘 等

 

  以上のような症状を、これまでに月経前に1つ以上感じたことがあり、

  その症状が月経開始とともに楽になり、再び月経前まで感じない場合、

  PMSに該当すると判断されます。

  傾向としては 30歳代や 出産の経験者によく現れるとされますが、

  それ以外に日常生活の中でストレスを感じているほどPMSも感じやすいと

  言われています。

 

PMDD-月経前不快気分障害- 

 

  上記PMSの症状の中から 特に気持ちの症状

 

  (ひどい抑うつ気分、怒りがおさまらない、著しい情緒不安定、

   著しい不安感、疲労感、過食、仮眠または不眠、など   )

 

  を5項目以上強く感じる場合を PMDDといいます。

  その数は PMS患者のうち 約5%前後くらいと言われています。

 

 

これまで、当院に通院いただいている方の中でも、月経前に関する不調が治療によって軽減されたという方がたくさんいらっしゃいます。

それぞれの体質に合わせて カラダのバランスを整えることで、不快な症状を改善していきます。

 

治療の目安として最初は週に1~2回を4回、

それ以後は徐々に間隔をあけながら、月に1度の定期的な通院をおすすめしています。