症状別のご案内

低体温

日本人の体温の平均は約369と言われています。

体温が最も低いのが朝、最も高いのが夕方ですが、36.5℃~37.2なら平熱の範囲内と考えられています。

ところが、最近では平熱が36℃に満たない『低体温』の方が増えています。

実際に当院に来院される、特に女性の方の中に『低体温』を不調として感じておられるケースが増えてきました。

 

(体温の低下) (免疫力の低下)、様々なカラダの不調につながります。

 風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなり、

 また疲れやすく、たまった疲れも取れにくくなります

 

ハリ治療では、胃腸の働きを高めることで 体温をカラダの中から上げていく治療をおこないます。

ご心配な方は一度ご相談下さい。

 治療の目安) 週に1~2回の全身治療を4~5回

 

平熱を上げるために 家庭でできることとしては、筋肉を鍛える運動が効果的です。

また、温める場合も大きな筋肉を意識して温めるのが効果があります。

ゆっくりウォーキングをする、湯船につかる、などして 大きな筋肉のあるお腹、お尻、太ももの前側 の 筋力・体温を上げる時間を作るといいと思います。

また、ストレスも大敵です。出来るだけ気分転換をし、質のよい睡眠を取るよう心がけて下さい。

 

(まれに、測り方によって、体温が上がらない場合もあるそうです。

 脇にうまくはさめていないと体温計が上がりきらず、低体温と

 間違ってしまう事もあります。 

 正しい測り方にも気をつけてみて下さい。)