症状別のご案内

月経痛・月経困難症

~枚方市、寝屋川市、香里園で月経痛のケアなら鍼灸香里治療院へ~


女性の方の多くが悩まされる月経前後のからだの不調・・

下腹部や腰などの痛みを主な症状として、ひどい方などは学校や会社に行けないほどにまで痛みをともなうことがあります。

 

気持ちの症状として : 憂うつ、怒りやすくなる、イライラする、不安、

               判断力や集中力の低下、無気力になる 等

 

カラダの症状として  : 腹部の張りや痛み、乳房の張りや痛み、

               頭痛、腰痛、むくみ、強い眠気、下痢や便秘 等 

 

                                     様々な症状があります。


腹痛1.pngのサムネール画像

 

ひどい月経痛をもつ女性は 約30%近く、25歳までの女性に限るとその割合は45%近くにまで上がります。

 

子宮内膜で作られる 『プロスタグランジン』によって 子宮筋が過度に収縮を起こすことが痛みの原因とされ、その産生量が多い人ほど痛みはひどくなるんですね。

 

当院にいらっしゃる女性の方からも、このような悩みをよくうかがいます。

鍼灸を受けていただくことで、痛みが軽くなる方も多く、痛み止めの薬をやめることができた・・と言っていただくこともあります。

 

では、なぜ鍼灸で痛みの感じ方が変わるのか・・

 

婦人科では 原因がわからない月経困難症の一般的な治療としては

・鎮痛剤 (NSAIDs プロスタグランジンの産生を阻害する働きがある)

・鎮痙薬

・ピル

・漢方薬

などが処方されています。

 

それ以外に 腰や下腹部を温めたり、

ストレッチなどで骨盤周囲の血流を良くすること、なども

痛みの軽減に有効であるとされています。

 

これが、まさに鍼灸を受けられた後のからだに起こる変化そのもの・・なのです。

 

鍼灸を受けることで、自律神経の興奮が抑えられ(副交感神経が優位になり、リラックスでき・・)、それによって 血管が拡張し 全身の血流が促進されます。

 

さらに 特定のツボに刺激を与えることで 子宮への血流が増えることもわかっています。 これらの作用機序により月経痛の軽減につながると考えます。

 

痛みの軽減までの期間には個人差がありますが、早い方だと 鍼灸開始の翌周期から変化を感じていただけるようです。

 

また、当院では ペインクリニックでも使われている近赤外線レーザーも備えております。


「仕方がない」「体質だから」とあきらめないで、ぜひ一度 鍼灸を試してみてください。

 

 

*月経困難症には原因がわからない『原発性月経困難症』の他に、

疾患によって起こる『続発性月経困難症』があります。

 

原因として多いものに

・子宮内膜症

・子宮の形態異常

・クラミジア感染

・子宮筋腫

・子宮腺筋症

・骨盤内うっ血

・癒着

などがあり、処方される薬が変わってくることもありますので、あまりに症状のひどい方は 病院を受診されることも必要かと思います。


大阪で婦人科の鍼灸をお考えなら 寝屋川市・枚方市 香里園の鍼灸香里治療院で。