症状別のご案内

更年期障害 ~減少していく女性ホルモン~

~枚方市、寝屋川市、香里園で更年期のケアなら鍼灸香里治療院へ~


20代、30代はあんなに頑張れていたのに 最近はすぐ疲れてしまう

やる気がなかなかおこらない・・

これまでにはなかった不調があらわれる・・


『ひょっとして、更年期かもしれない』

40代から50代にかけて こんな不安を感じる方も多いのではないでしょうか。


更年期障害とは、閉経前後の約10年間に、急激に起こるホルモンの低下により

心身にあらわれる 日常生活に支障が出るような不調のことを言います。


最近ではライフスタイルの変化から、30代から更年期のような症状が出る方も多いようです。


その原因には からだの大きな変化として起こる 卵巣機能の低下があります。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が急激に減りはじめ、

やがて分泌されなくなります。


更年期.PNG

 

主な精神的な不調として

  ・不安 や うつ症状

  ・疲れやすい        など 

主な自律神経の関係する不調として

  ・冷え や のぼせ・顔のほてり(ホットフラッシュ)、発汗

  ・不眠         など 

その症状や重さには大きく個人差があります


また、エストロゲンには 女性らしいカラダを作るというはたらきの他に

骨密度を維持する、コレステロールを下げる、といったはたらきもあるので

この頃から 血圧が高くなったり、太りやすくなったりしてきます。

年齢を重ねてからの 骨粗鬆症のリスクが 男性に比べて高いのも

このせいです。

 

症状は一時的なものでやがてはおさまりますが、小さな不調でも放っておくのはつらいことです。


鍼灸では 自律神経を整える効果が期待できます。

続けていくことで 自律神経の影響を受けて過剰になった心身のバランスを徐々に落ち着いたものへと変化させていきます。


また、近赤外線レーザー(スーパーライザー)も併用、より早い症状の軽減・改善を目指します。


心身のバランスを整えて、心地よい毎日にしていきましょう。


~枚方市、寝屋川市、香里園で更年期のケアなら鍼灸香里治療院へ~