日々とお知らせ:2014年9月

鍼灸香里治療院、西村の日記と治療院のお知らせ。

9月21日(日) 不妊鍼灸NWの26年度第2回の研修会が東京・渋谷 ヒカリエカンファレンスルームにて開催されました。


B114.jpg


今回は外部から3名の講師の方々を招いての講演と、ネットワークの会員の先生の発表という構成で
朝10時から夕方の4時30分まで、終日 大変中身の濃い一日となりました。


詳細は以下の通りです。

講演1 「不妊予防について」
講師 NPO法人日本不妊予防協会理事長・東邦大学医学部名誉教授
    久保春海先生

不妊について、その原因として考えられる生活習慣や体質などの要因や傾向、
また年齢と体内の変化など 多方向よりお話いただきました。

講演2 「子宮・卵巣の神経性調節について」
講師 人間総合科学大学 人間科学部講師 
    鍵谷方子先生

妊娠に関わる体内環境に いかに自律神経が様々な影響・支配をしているかを講演いただきました。

講演3 「良き臨床家はよき研究者なり」
講師 福島県立医科大学 会津医療センター漢方医学講座准教授
    鈴木雅雄先生

日々の治療に検証を重ね、エビデンスを確立できるよう目指し、
その結果 技術を共有でき、確実に治癒へ導いていくべきだというお話をいただきました。


なかなかお話を聞く機会など持てない先生方の貴重な講演が続き、
こぼれないよう 頭の中に納めるのに精一杯... な一日でした。


また、毎回、ネットワークの先生方とお会いすることが、私にはとても大きな刺激になります。

まだまだ勉強が足らないと思うことばかりですが、 いい先生方との交流を励みに、
明日からの治療に向き合って 生かせるよう 努力していきたいと思います。


(前回の研修に参加した時の記事はコチラ






2014年9月30日 19:11

当院の鍼灸治療に新たに電子治療器が加わりました。

『スーパーライザー』。 

B115.jpg

ちょっと見た目がいかついので、入ってきて「ギョッ!」とされ、後ずさりされる方も・・


元々は 病院の医師が鍼を使わずに鍼灸治療のような効果が得られないか、という要望から完成したという近赤外線治療器です。

ペインクリニックや整形外科、耳鼻科、眼科、皮膚科 など 様々な病院でも導入されています。


鍼では届かなかったより深い部分や 組織にダメージを与えてしまう危険のある部位などの血流を改善できるので、様々な効果があります。

また 安全でかつ痛みのない光での治療ですので 安心して受けていただけます。


これまでの鍼灸治療と併用することで、より早く また確実な効果を目指し使用させていただく機会も増えていくかと思います。



また、鍼につないでの通電治療器や 専門書も続々到着・・

これからも 良いと思うことはできるだけ早く実行し 結果につなげていきたいと思っております。


それぞれに新しくなった治療法に関しては、きちんとご説明の上施術させていただきますので、どうぞご安心ください。

また、ご不明な点はどうぞ遠慮なくご質問、ご相談ください。

2014年9月16日 22:08

9月のお休みは定休日(火曜日)の2・9・16・30日と

第3週の21日(日)・22日(月)と やや変則になります。

15日(月・祝)、23日(火・祝)はそれぞれ診療していますので、

休日しか来ていただけない方は ご予約いただければと思います。



昼間はまだまだ日差しをきつく感じることもありますが、

朝晩は過ごしやすく、少し肌寒いと感じる日も出てきました。

雲の様子も、夜見上げる月の見え方も、秋の様子に変わりつつあります。



この時期は、夏の疲れ と 季節の変わり目で 調子を崩される方のご来院が増えます。

また、空気も乾燥し始め、肌のかさつきなども始まります。

大きく体調を崩す前に、免疫力を上げ、代謝を高める季節ごとのケアにも

鍼灸治療をぜひ取り入れて下さい。


2014年9月10日 15:38

時々、治療中に
「その場所には、前回は鍼をしませんでしたよね?」
と、聞かれる事があります。

カラダのどの部分に鍼をされているか、とても よく覚えていらっしゃって、
前と違う内容だと、少し 不安に思われるのかもしれません。


鍼の治療は、その時々のおからだの状態に合わせて
使うツボ(点)も、お灸の種類も かわります。

ですので、同じ症状で通っていただいていても
その方の回復の度合いや、その時の体調によって
治療の内容が変わります。


また、治療方法についても 常に勉強を重ね、
より早く、より確実によくなっていただくために
修正を重ねていっています。

こちらからも きちんと説明させていただきながら すすめていきますが、
もし 不安に思ったり、わからない場合は どうぞその場で
ご質問いただければと思います。



変わっている・・ということは
おカラダの変化も意味します。

変わっている・・ということは
治療の進歩でもあると思って下さい。

最後はちょっと、ムリヤリ・・ですね。





2014年9月 2日 12:15