日々とお知らせ:婦人科系の鍼灸

鍼灸香里治療院、西村の日記と治療院のお知らせ。

ここ最近は研修で日曜日にお休みをいただくことも多くなり、ご迷惑をおかけしています。

3月も2回のお休みに それぞれ違うテーマでの研修に参加してきました。

 

3月17()は 福岡ソラリア西鉄ホテルで行われた 「第14回 レーザーリプロダクション学会」 に 昨年に続いての参加です。


ブログ用2019.3-1.jpg

 

リプロダクションとは 『生殖』 という意味で、

今回は 生殖領域の医療においてレーザーの有用性が広く認められたことを経緯に設立された学会への参加となりました。

関西ではIVF大阪・なんばクリニックやHORACグランフロント大阪、英ウィメンズクリニックなど それぞれの院長先生も参加されていらっしゃいます。

 

今回のテーマは 「統合医療の中心にレーザーを」 。

 

ここ最近頻繁に耳にするようになった 『統合医療』 という言葉。

病気の症状そのものを治す対処療法から 元々の原因となる心や身体の状態、ライフスタイル、食などに加え、鍼灸、漢方、栄養学などを併せながら症状を軽減、完治へと導こうというものです。

 

今回は、そのテーマに沿って 統合医療の観点からの講演が多くみられました。

 

当院が所属していますJISRAM(日本生殖鍼灸標準化機関)の代表理事である中村一徳先生は 今年もまた招請を受け 『生殖鍼灸と一般鍼灸』 を演題に 鍼灸とレーザーを併用することでの採卵率、胚盤胞到達率、妊娠率の向上について、データを元に講演されました。


ブログ用2019.3-2.jpg

 

それ以外にも

・藤田絋一郎 先生/東京医科歯科大学名誉教授

『赤ちゃんはなぜ、何でもなめたがるのか~人の腸内フローラは一歳半でほぼ決まる~』

・唐池恒二 会長/JR九州会長

『夢見る力が「氣」をつくる』

など 興味深い講演が多く、

各クリニックにおける低出力レーザーでの研究結果や臨床成績の発表などでは改めてレーザーの効果を再確認でき 大変充実した一日でした。


ブログ用2019.3-3.jpg

 

 

不妊のための鍼灸(生殖鍼灸)を行っています当院では、すでにクリニックなどでも多く取り入れられている近赤外線レーザーの治療を標準治療に取り入れております。

諸先生方の蓄積されたデータの元、最も効果的とされる照射方法にて鍼灸と併用させていただきますので、赤ちゃんを希望される方はぜひ鍼灸も検討いただければと思います。

 

 

 

 

2019年3月19日 14:13

皆さま、こんにちは。

ご報告が遅くなりましたが、2月にお灸教室を開催しました(^^)/


待ちに待った春の風がやってきましたが、私たち女性の身体はまだまだ冬の冷えを持ち越しているのではないでしょうか?


季節の変わり目は体調が優れない...という方はいらっしゃいませんか?それは、前の季節の疲れを新しい季節に持ち越しているからです!


今回のお灸教室は、長かった冬の冷えを春夏に持ち越さないよう、せんねん灸+箱灸で身体を芯から温める!をテーマに、もぐさのお話やもぐさ作り、箱灸も手作りしていただきました。


お灸教室1.jpg


参加者は皆さん女性で、この日はスタッフも女性のみ、さながら女子会のような雰囲気で和気あいあいと和やかな教室になりました。

箱灸作りはスタッフも初めての経験で、事前にデモも行っていたのですがやはり悪戦苦闘...。スタッフよりも参加者さんの方が手際よく上手に作られていて、たくさん助けていただいてとても助かりました。この場をお借りして再度...ありがとうございました♡


今回は箱灸作りがメインイベントでしたが、もぐさも手作りしていただき、皆で掛け声(?)を掛けながら、もぐさの原料のヨモギをすり鉢とすりこ木でごーりごーりとすっていきました。乾燥のヨモギをすっていくのですが、ごーりごーりとすればするほどヨモギの香りが出てきます。ヨモギは昔からヨーロッパでもアロマとして使用されているほどですので、とても良い香りが治療院を満たしていましたよ♪


お灸教室2.jpg


そして最後はご自身で手作りした箱灸で、お灸体験です。お手製の箱灸は、いつもの治療で使用しているものとはまた違った感覚だったのではないでしょうか?


お灸教室3.jpg


お灸教室の後はアフターフォーローとして、参加者さんおひとりおひとりの体質に合わせたツボをお伝えしました。

ご自宅でのお灸でセルフケアしたいのは?というアンケートに、ご自身の気になる症状をご記入いただいたところ、なんと全員が「冷え」を感じているとの回答。特に、足先の冷えが気になるとのことで、身体の冷えからくる胃腸の不調を感じる方もいらっしゃいました。そんな症状には、箱灸がぴったりですね!!


今回手作りしていただいた箱灸と、せんねん灸で、ご自宅でも引き続き、お灸でのセルフケアで、身体も心もほっこりとリラックスしていただけたら嬉しいなぁと思っています(^^)

 

2018年3月22日 17:58

たとえば・・

これからお子さんを・・と考えていらっしゃったり

出産を終えた授乳時などに

風邪をひいたけれど、薬を飲んでも大丈夫なのかな・・?

もしくは、何か病気で薬をのみたい、のまなければならなくなった・・

そんな時に その薬が ご自身の体、もしくは胎児や乳児に影響はないんだろうか?

そんな風に不安に思われることはありませんか?

 

かかりつけのお医者さまがあれば そちらで聞くこともできますが

どこに相談すればいいかわからない・・

 

そんな時に相談できるところ、国立成育医療研究センター

この中に『妊娠と薬情報センター』というところがあります。

(https://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html)

 

厚生労働省の事業で、2005年から「妊婦・胎児に対する服薬の影響」に関する相談、情報収集を実施しています。

医薬品の妊婦・胎児への影響に関しての情報を、カナダのトロント大学と連携し、既存の文献を基礎情報として 科学的に検証された医薬品情報を 妊婦や妊娠希望者に提供しています。


また、実際の妊婦さんの協力調査から得られた情報で「薬剤情報データベース」を作成。 こちらも情報として提供の準備をすすめているようです。

(以上、ホームページから詳細を抜粋。)

相談の方法は、

①電話で 

『妊娠と薬外来』https://www.ncchd.go.jp/kusuri/about.html

にて(関西では6病院) 

③主治医のもとで

と、3つの方法から選べます。


問診票をダウンロードして記入 それを郵送した後 指定の時間と場所にて相談する

と 少しだけ手間はかかりますが。(詳しくはページ内の『よくある質問』の中に説明があります。)

 

また、サイト内『ママのためのお薬情報』https://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/index.html

には 授乳中に問題ない薬、適さない薬の一覧も載っています。

不安な気持ちを少しでもなくすために、参考になさってみてください。


大阪で婦人科系の鍼灸をお考えなら 寝屋川市・枚方市 香里園の鍼灸香里治療院で。

2018年2月 8日 22:02

月経前、いろいろなつらい症状にお悩みの方が多いと思います。

排卵期から月経期にかけて、変化する黄体ホルモンの量が、その原因に関係しているのではないかと言われています。

 

腹痛・腰痛・頭痛・胸の張り

微熱・肌荒れ・むくみ・体重増加

疲れやすくなる・めまい・冷や汗・心悸亢進

便秘・下痢・・・などの身体の症状。

 

イライラ・不安感・不眠・泣きたくなる

集中力の低下・・・などの精神的な症状。

 

症状はさまざまで、そのつらさも人によってさまざまです。

当院にも 上のような症状にお悩みで来院される方が多くいらっしゃいます。

 

 

少し前になりますが、2011年の研究発表のひとつに、お母さんのおなかの中にいる間(胎生期)に テストステロン(男性ホルモン)の影響を強く受けた場合には 薬指が長くなり、エストロゲン(女性ホルモン)の影響が強い場合には 人差し指が長くなるという論文がありました。

 

その発表をもとに、和歌山県立医科大学で、人差し指と薬指の長さの比率と月経前症状の重さの関係を調べたそうです。

 

その結果・・

薬指の方が人差し指よりも長く その差が大きい人ほど月経前症状が重い という結果が出たのだそうです。

(ただし、眠気・むくみ・肌荒れ の症状に関しては、相関関係はみられなかったそうです。)

 

自分の指、みてしまいますよね!

 

鍼灸では、『星状神経節』という交感神経と副交感神経に働きかけるツボへの刺激で、前述のホルモンバランスを整えることで、症状の改善を目指します。

 

月経前の症状でお悩みの方、指の長さ・・に関係なく 是非おこしくださいね。


大阪で婦人科・不妊の鍼灸をお考えなら 寝屋川市・枚方市 香里園の鍼灸香里治療院で。

(不妊鍼灸のサイトはコチラ

2018年1月19日 22:54